Macの文字入力を最適化する【⌥・⌥⇧による代替文字】

ITリテラシー

Windowsユーザーだと馴染みがありませんが、Macでは⌥(Option)や、⌥と⇧(Shift)を押しながら入力することで代替文字を打つことができます。

タナイ
タナイ

WindowsでもShiftを押しながら数字や記号のキーを押すと普段と別の文字が打てますよね。それがさらに拡張されたイメージです。

たとえば、こういう【隅つきカッコ】とかは入力頻度も高いので、変換不要で直接入力できると嬉しいですよね。

Macでは、⌥(Option)を押しながら、数字の8や9を押せば【】になります。これ、めちゃくちゃ便利じゃないですか?

⌥(Option)による代替文字の一覧

ということで、代替文字の一覧表を作ってきました。

画像の説明
  • キーの手前に小さく書いてあるのがWindows用JISキーボードの印字
  • 黄色は「⌥(Option)を押しながら」という意味
  • ピンクのキーは入力方式で挙動が変化
    • 左側が英数入力、右側がかな入力に対応

この中で汎用性が高そうなものをあげるとすれば以下でしょうか。

【】使用頻度が高い
使用頻度が高い
地味に便利
¥¥をホームポジションに近いキーで打てる
\Macだとこの方法でしかバックスラッシュを打てない
必ずクォーテーションの開始側になる
必ずクォーテーションの開始側になる
タナイ
タナイ

個人的にクォーテーションマークの向きは絶対に揃えたい派です。

⌥⇧(Option+Shift)による代替文字の一覧

同じように作りましたが、こっちは汎用性が高いキーがそこまで多くはないです。

先ほどの開始クォーテーション(“‘)に対応する形で終止クォーテーション(”’)が用意されています。同じキー大して⇧の入切で切り替わるので覚えやすくていいですね。

タナイ
タナイ

Appleマークが打てるのは面白いかもしれません

紹介した画像をよく見比べると分かりますが、キーによって代替キーがどこまで用意されているかはまちまちです。

代替文字のパターンは全て覚えるには複雑すぎる

代替キーが3パターン(⇧・⌥・⌥⇧)と入力モード(英数・かな)があるので、キーによっては8種類の候補が存在します。

かな英数
通常[
{
⌥⇧
8種類あるパターン
かな英数
通常__
__
``
⌥⇧`
4種類しかないパターン

下のパターンでは、かなモードで入力しても「`」が半角で入力されたりなど、網羅的に全てを覚えるのはかなり大変そうです。

タナイ
タナイ

上で紹介した有用性の高そうな代替キーだけをピンポイントで抑えるのがいいでしょう

クォーテーションの開始と終止について

クォーテーションマークの向きと読んで、「なに言ってんだコイツ」と思われた方のためにちゃんと説明しておきましょう。

実は、などと勿体ぶるまでもなく、 “ と ” は違います。小さいと見えにくいので、ちょっと見やすくしましょう。

です。

タナイ
タナイ

ほら、向きが違いますよね。

人によっては「細かすぎ!」と思うかもしれませんが、「神は細部に宿る」と言いますから今日から気を付けてみるのはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました