ブログをはじめたいならレンタルサーバーはconoHaで決まり

blog運営

おはようございます。タナイです。
今日はレンタルサーバーの選定について書いていきます。

個人のブログを開設したい方は、まずはとにかくサーバーを借りる必要があります。
順を追って説明していきましょう。

レンタルサーバーとはネットでの土地

一般的なブログサービスが賃貸アパートだとしたら、サーバーを借りて自分でブログを作るのは土地を借りて家は自分で建てるようなイメージです。

既定のフォーマットを使う通常の無料ブログサービスでは、

  • 勝手な広告
  • 利用規約でのコンテンツ内容への制約
  • サービス自体が終了するおそれ

などがあります。

こうした制限から解放されて自分の好きなサイトを作るには、インターネット上の土地を借りなければいけません。それがレンタルサーバーです(もちろん借りるには利用料金がかかります)。

どんな土地がいいのか

まず、現実の土地で考えてみましょう。

  • 地名
  • 面積
  • 交通の便
  • 治安の良さ

などいい土地には条件があります。
これと同じようなことがレンタルサーバーにも言えます。

  • 地名=ドメイン名
  • 面積=サーバー容量
  • 交通の便=応答速度
  • 治安の良さ=サービス元の信頼性

のようなイメージでしょうか。

レンタルサーバーは、実際には家ではなくブログの電子データを格納する場所です。
したがって、その容量やアクセスするときの速度がそれぞれ異なります。

また、有名大手のサービスならそう簡単に潰れることはないでしょうし、サポートも充実しているでしょう。そういった意味で、治安の良さのイメージです。

では、ドメイン名とはなんでしょう。

ドメイン名はネット上の地名

代官山だとか銀座だとか、地名だけでなんとなくおしゃれなイメージありますよね。
また、地名は与えるイメージ感だけでなく住所そのものでもあります。

ドメイン名はこうした地名とほとんど同じです。
たとえばこのサイトのドメイン名はthanaism.comです。

このドメイン名をアドレスバーに叩いてやればサイトにアクセスできますし、thanaismと見ればタナイのページなんだと分かります。

また現実での銀座区○○丁目の○○丁目に相当する部分、例えば/archives/61をドメイン名に付け加えてthanaism.com/archives/61としてやれば、昨日投稿した記事のページのアドレスになります。

一方で、現実の地名とドメイン名の違いとして、ドメイン名は土地を買ったあとで別に決めることができるという点があげられます。

サーバーとは別にドメインにも利用料金がかかる

地名を別に決めることができるので、地名そのものを貸し出しているドメイン業というサービスがあります。

したがって、レンタルサーバーとは別にドメインを借りなくてはなりません。

  • サーバーを借りる手間
  • ドメインを借りる手間
  • 借りたドメインをサーバーに設定する手間

という3本建ての作業が必要になるわけです。
お金も別々に払わなくてはなりませんし、面倒すぎて卒倒しそうですね。

conoHaならサーバーとドメインをまとめて借りれる

一方で、サーバーもドメインも全部まとめて貸してやるぜというサービスもあります。
これはサーバーさえ選べばあとは同一サービス内で完結するのでとても楽です。

私が使っているconoHaもこのタイプです。

しかも、通常はサーバーとドメインそれぞれに料金がかかるところ、WINGパックならドメイン利用料が無料となります。

手間も減ってしかも安くなる、まさにいいことづくめなわけです。

一応、私もサイト開設にあたりエックスサーバーやロリポップなども無料お試しで使ってみたんですが、その中でもサイト構成が1番わかりやすくネットでの評判もよかったのでconoHaに決めました。



さいごに

このブログでは、今回のレンタルサーバー以外にもどんどん記事を拡充していく予定です。

ブログをはじめたい方はもちろん、プログラミングや業務効率化など読む人の役に立つ投稿をしていきたいと思いますのでぜひぜひチェックよろしくお願いいたします。

更新情報はTwitterで発信しています。ぜひフォローお願いします。

また、他にもノンジャンルでnoteにも投稿しておりますので興味がある方はチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました