QiitaっぽいWordPress投稿環境を作りたい

ITリテラシー

完全MarkdownでWordPress投稿する試み

最近、はじめてQiitaに投稿したんですが、あくまで編集対象は素のMarkdownで、プレビューは別個に出されているという環境が思ったより快適なんですよね。

WordPressの標準エディタはMarkdownに対応しているとはいっても、プレビュー表示ありきなのでリアルタイムで変換されていってしまうんですよ。

つまり、見出しレベルを後から変更しようと思ったら結局GUIでマウスぽちぽちするみたいな、それじゃ意味ないやんって感じです。

とはいえ吹き出しとかをふんだんに使ったいわゆるブログらしいスタイルは、それはそれでMarkdownとは少し相性が悪いですね。この辺りのジレンマをうまく解決していきたい今日この頃です。

WP Githuber MD

で、とりあえずQiitaみたいに左:編集画面、右:プレビューみたいな環境ないかなって探して見つけたのが、WP Githuber MDってプラグインですね。

今まさにこの記事を書きながら試し斬りをしているわけなんですが、やりたかったことがそこそこ実現できています。世の中には探せばいろんなものがあるもんですね。

ちなみに投稿画面はこんな感じです。

WordPressのように、マジョリティになっているものを使うメリットというのはこういうところにあると感じます。自分はもともと人と違うということに価値を非常に感じる人間ですが、マジョリティのメリットは最大限享受したほうがいいということもまた人生で学んできました。

WP Githuber MDの欠点

欠点というと語弊があるかもしれませんが、なかなか快適なところもある一方で、ちょっと気に食わないポイントもあります。というのも、この編集画面だとデフォルトでいくつかショートカットが効いているっぽくて、自分が愛用するEmacsキーバインドとめっちゃ衝突してしまってますね。

C-LとかC-Eとかが衝突するんで、ここは今すぐにでも変更したいところです。とくに、自分は半角英数への変換はC-L => C-;でやる派なので、C-Lでリンク挿入になられるとそこそこキツいものがあります。

ついでにアイキャッチ画像の自動生成もしたい

Twitterとかにシェアするときにやっぱりアイキャッチがしっかりしてないとショボショボに見えてしまうので、これもQiitaっぽくタイトル文字列がバーンと自動で入るような感じにしたい今日この頃です。

やっぱり、いちいち手作業で画面作って、となると記事を書くのがだいぶ億劫になるんですよね。せっかくだし、これはWebアプリかなんかで自作しようか検討中。

Qiitaのviewはすごい

Markdownからは若干話題はズレますが、やっぱりQiitaって記事への流入量が半端じゃないですね。イケてない話題とかだと素人が運営してるブログとかアクセス1桁とかもうザラもザラなんですが、Qiitaだととりあえず投稿しとけばクソ記事でも1日で100PVくらい軽く見られているという感覚です。
まあ、有名どころというのもあって、数多くの自動スクレイピングが走っているという影響も多分にあるとは思いますが。

さて、今日のところはとりあえず文字だけ投稿のテストのつもりなのでここまでにしておきます。
気が向いたらエディタの詳細設定についてまたまとめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました