ブログの始め方まとめ(後編)

blog運営

ブログとか副業を始めたいけど、何から手をつけるのが効率的かっていうのを、自分もまだ初心者のうちに簡単にまとめておきます。今回は後編です。

まずは、全体ロードマップから示しましょう。

収益化までにやること
  1. ブログを開設する
    • noteまたはWordPress
  2. 10記事くらい書く
    • E-A-Tに則る
  3. 収益ルートを確保する
    • Amazonアソシエイト
    • Googleアドセンス
    • 各種ASP

前回は2まで書いたので、今回は収益ルートを確保するという内容になります。

実際のところどれくらい稼げるのか

本題に入る前に、データを見てみましょう。

日本アフィリエイト協議会の調査によると、月に3万円以上の収益を得ているのは全体の6.6%のようです。逆に、70.2%は月に1000円未満とあります。

■アフィリエイト市場調査2019: 月3万円以上が6.6%、月1,000円未満が70.2%

アフィリエイト市場調査2019を発表 ~月1万円以上の収入割合は過去最高10.1%~

これは、アフィリエイトを本業としてやっている企業なども含めた結果のようですし、そもそも全くの初心者はなかなかこういうアンケート自体に回答しないでしょうから、実際にはもっと少ない割合だと思います(回答者の63.2%が経験3年以上)。

ちなみに私は、2020年3月からアフィリエイトをやり始めましたが、そこから約3ヶ月で月3万円を突破しました(noteや本ブログ、Twitterなどを全て合算した値です)。

そんな大それた額ではないかもしれませんが、データから判断すると確実にうまくやれている側に入っているので、決してトンチンカンなことは言っていないのかな、と思います。

収益ルートを確保する

MoneyTree

当然ですが、ただブログを書いているだけでは基本的に1円も入ってきません。

ですから記事をマネタイズするための収益ルートを確保する必要があります。そのルートには大きく分けて3種類、AmazonアソシエイトGoogleアドセンス、各種ASPがあります。

タナイ
タナイ

noteの有料記事ではダメなのかい?

こう思った人もいるかもしれませんが、初心者が書いても絶対に売れないので(無名アカウントの有料記事をあなたは買いますか?)よほど専門性が高い内容でもなければ書く意味はないです。

Amazonアソシエイト

Amazonのリンクを貼って、そのリンク経由で商品が購入されると代金の一部が紹介者に還元される仕組みです。

だいたい紹介料は数%なので、月に100万円単位で購入されるとそこそこの収入になると思います。

額を聞くと途方もなく感じるかもしれませんが、私のケースでちゃんとブログ投稿を始めてから3ヶ月程度でそのくらいになりました。

ただ、ひとつ問題があって、リンクは誰でも貼れるわけではなく審査があります。作ったばかりのサイトだと日が浅いという理由だけで審査に通らないので、まあイメージ1ヶ月くらいして記事がそこそこたまったら申請してみる感じです。

このあたりは、普通にブログを書いていれば審査に通ると思います……と締め括りたいところですが、審査方法が最近変わったようです。

※審査が開始されるために、180日以内に少なくとも3つの適格な売上を発生させていただく必要があります。ご申請いただいたURL内にリンクを設置いただき、3つの適格な売上を発生させてください。

Amazon アソシエイト・プログラムご利用の流れ

実際に売上を3件作らないと審査に通らないようなので、ハードルがあがってますね。とはいえ、3件すら売上があげられないなら、そもそも収益化は夢のまた夢なので、実質的にはそこまで変わらないと思います。

Googleアドセンス

Googleアドセンスは、ブログ上に広告エリアを設置し、その表示回数に応じて報酬が支払われる仕組みです。Amazonアソシエイト同様に、これも審査が入ります。

アドセンスは他のアフィリエイト違ってユーザーが訪問するだけで収益が発生するという画期的な仕組みになっています。リンクを踏んでもらわなくてもいいわけです。

一方で、それに目をつけた初心者がこぞって審査申請し、撃沈しているのもよく見かけます。書く内容はなんでもいいですが、ネット上にある情報の劣化コピーだと当然審査にも落ちますね。だから前回の記事(前編)でE-A-Tに則って書きましょうとオススメしたわけです。

ちなみに私はブログ開設から2週間も経っていないくらいの時期に、10記事で審査に通過しました。

タバコの内容がポリシー的にきわどいということも知らず、禁煙に関する内容の記事も入っていましたが、Outlook VBAというある程度ニッチな内容の記事を書いていたのでExpertise(専門性)の観点で良いと判断されたのでしょう。

タナイ
タナイ

とはいえ当時はE-A-Tの原則なんて知らず、思うがままに書いていたので、完全に結果論ですが。

各種ASP

ASPは、対象をAmazonに限定しないアソシエイトみたいなものです。

サービスの種類が多く扱う商品も各社異なりますが、有名なASPといえばA8.netもしもアフィリエイトになります。この2社は業界最大手であり、取り扱っている商品が幅広いのが特徴です。

実は、もしもアフィリエイトでもAmazon商品のリンクは作れるので、アソシエイトの審査が通らないならこちらに1本化してしまうのも手です。

ASPでは、実際に購入する「モノ」だけではなく、各種スクールやサブスクリプション、無料説明会への申し込みなど、「サービス」も紹介の対象となっています。ちなみに、審査はほぼないに等しいです。

ネット記事では、「ASPは全部登録して商品ごとに各社比較しろ!」みたいなのも多いですが、そんなことより初心者はまず記事を書くことに時間を充てた方がいいでしょう

なので、個人的にはもしもアフィリエイトだけ登録して、最初のうちは記事を書くことに専念するというのがベストプラクティスかと思います。

私は10社くらい登録しましたが、時間ばっかりかかって、今はほとんど使ってません。そもそもアクセスがないと広告クリックされようがないのでそこを最初に頑張ってもマジで意味ないです。

ブログの始め方(後編)まとめ

収益化のルートが一切ないというのもモチベーションにならないと思うので、WordPressサイトを開設したらもしもアフィリエイトだけ登録して、とにかく記事を書くことに専念することがオススメです。

実際に書き始めると、無限に悩みが出てくると思います。

タナイ
タナイ

内容はどうしよう、見出しはどうしよう、タイトルはどうしよう、画像はどうしよう、WordPressのエディタってどう使うの、こんなプラグインを入れたい、アクセスが全く伸びない、ブログを書く時間がない……

案ずるより産むが易しですが、その辺りも追って記事にしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました